外崎修汰選手はドラフト何位で西武に入団?応援歌の原曲や年棒も!

外崎修汰は現在西部ライオンズでプレーをしている。先日行われた「アジア プロ野球チャンピオンシップ」では日本代表が初代チャンピオンに輝いた。

 

しかも、今大会でMVPに輝いた外崎修汰選手であるがドラフト何位で西武ライオンズに入団したのかや選手一人一人に応援歌があるんだがその原曲や年俸について紹介していこうと思う。

 

では、初めにプロフィールから紹介していくぞ!

【関連記事】

外崎修汰選手の実家はりんご農家?結婚した嫁や弟について!

スポンサードリンク

外崎修汰選手のプロフィールは?

 

名前    外崎 修汰(とのさき しょうた)

出身地   青森県弘前市

体重    75 kg

身長    177 cm

ポジション ショート、セカンド、サード、外野手

投打    右投げ、右打ち

 

野球を始めたのは小学校4年生の時になる。

 

地元の野球クラブである桔梗野ボンバーズで軟式野球を始めている。

中学校に進学すると弘前シニアで野球の練習に励んでいたそうだ。

 

高校は、弘前実業高校に進学して1年生の春の時点でショートのレギュラーを獲得するが高校三年間で甲子園に出場することはなかった。

 

高校卒業後は富士大学に進学することになるんだが、2年生時に開催された秋季リーグでは最多打点賞を獲得することになる。

 

また、3年生時の秋季リーグで最多盗塁賞(8個)、4年生時の秋季リーグで首位打者とベストナインを獲得するなどプロのスカウトから一目置かれる人物へと成長することになる。

 

野球を始めたのは意外と遅く、小学校4年の時になるがそこから急激な成長を遂げているのを見ると人一倍努力をしたんだなと思う。

 

多くの野球選手が小さい頃から野球を携わっているのを見ると、相当遅いスタートだと思う。

 

本人の頑張りさえあれば、野球を始める年齢は関係無いと言うことが分かるな!

 

では、西武ライオンズにドラフト何位指名で入団したのか次のテーマで紹介していこうと思う!

スポンサードリンク



外崎修汰選手はドラフト何位で西武に入団?

2014年に開催されたドラフト会議では、西武ライオンズから3位指名されており、 契約金5,000万円、年俸1,200万円と言う内容になっている。

 

こうやって契約金や年俸を見るとプロの選手って凄いなって思ってしまう。

 

契約してくれたら5000万上げると言っているし、年俸は1200万円なのでさすがアスリートは違うなと思わせてくれる。

 

そこにたどり着くまでに尋常じゃない程の努力をしてきた対価になるが、それでも羨ましく思っちゃうよな(笑)

 

では、続いて応援歌の原曲や年棒を紹介していこうと思う!

スポンサードリンク



応援歌の原曲や年棒も!

始めに登場曲からの紹介になるが、年度によって登場曲が変わっているので1年毎に紹介していく

 

2015年  Summer Madness  三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

 

 2016年  Touch me on the Beach  JASMINE

 

 2017年  Miracle Game  TUBE

 

まだプロになって3年目なので3曲のみとなる。まだ20代前半と言うこともあり若い人が歌っている曲が目立つが今年は、TUBEを選曲も見られるな。

 

自分が好きな曲を登場曲に使うことになるんだが、この3曲は外崎選手が好きな曲と言うことが分かる。

 

2018年は一体どんな曲を採用するのか気になるところではある。

 

では、続いて年俸について紹介していく。

 

 2015年  年俸 1200万円

 

 2016年  年俸 1400万円

 

 2017年  年俸 1300万円

 

まだ年俸は安定しているとは言うものの、中々2000万に届くまでには時間が掛かるのかなと思ってしまう。

 

しかし、アジアカップの活躍を見る限りその心配も無用ではないかと思う。

 

このオフシーズンにしっかりと体を鍛えて、来年のシーズンではおもいっきり活躍して欲しいと思う

 

【関連記事】

外崎修汰選手の実家はりんご農家?結婚した嫁や弟について!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です